ぼくにとってのbuilderscon

あぶない避けて!この記事には技術的要素がないわ!
1分1秒を生きる1ランク上のbuildersの方々は今すぐマグロパーティーに戻るのよ!

builderscon tokyo 2017に一般参加してきました。

自分の「安全地帯」の外へ飛び出そう。

という言葉が印象的です。

私がbuildersconに参加したきっかけは3年前まで遡ります。
当時私の仕事は1にPerlで2にPerl、3, 4がShellで5にPerlでした。
まるで老練のスゴ腕プログラマーを連想させますが、開発内容はWebアプリだったという点でお察しいただければと思います。

同期にはPerl厨がいました。(私もPerl自体は好きです)
PHPはクソと言って憚らず、その度テンプレートエンジンなんだから比較対象じゃないでしょとなだめましたが、そんな彼がある日私をカンファレンスに誘ってくれました。
それがYAPC::Asia Tokyoとの出会いです。

YAPC::Asia Tokyoは私にとってまさにセンセーショナルでした。
技術の最前線がそこにあると感じたのです。
見聞きするものありとあらゆるものが初物でした。
そしてそれに追いつかなくてはならないと思いました。
私のエンジニア人生においては、間違いなく一つの分岐点になったのです。

Makiさんをはじめとする主催者の方々の趣旨とは異なると思いますが、私にとってのbuildersconは、いわばYAPC::Asia Tokyoの生まれ変わりです。
つまり目指すべき最前線です。

テーマである “知らなかった、を聞く” はまさに私自身の課題です。
それは技術者としての成熟であり、人とのつながりの強化です。
今はまだ恩恵に預かるだけの立場ですが、そのうちLTで登壇したりなんかして、恩返しや還元と言うには大げさだけど、何か形にできればいいなと思います。

ところで、YAPC::Asia Tokyoといいbuildersconといい、改善すべき致命的な欠陥があることに気付きました。
せっかく飛躍的に高まった意識が、その翌週あっという間に低下することです。
今だってブログを書いている場合じゃないんです。
はやくコミケのチェックをしないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。